色打掛
WA-12

色打掛:本唐織 赤 束熨斗紋

江戸時代中期に製作された友禅染めの代表作といわれる束熨斗紋様。これをモチーフとして唐織の技法を駆使して織上げました。
束熨斗目の地紋として切金を散らしたことで唐織のもつ立体感と優美な紋様として染めでは表現のできない独特の一領として仕上げました。